2009年08月

2009年08月22日

労働法違反にはもっと厳しく・・・

 

 いきなりですが、妊娠したことによる解雇や雇い止めの不利益というのは、かなり大きいものがあります。

法的には、妊娠・出産等を理由とした解雇や雇い止めは禁止されていますが、現状のこういう分野は、正に無法地帯です。政府も行政も本気でコンプライアンス遵守に力を入れてないし、経営サイドは不景気・業績悪化という錦の御旗で、この法律を見えないようにしています。
仮に行政に対して違反の申告をしても、「企業を指導する」というだけで、全く実質的に働くものの味方になっていません。
違反が確認されたら直ちに検察に告発すべきではないでしょうか?そうでもしないと、絶対よくならないです。本当にどれだけの非正規労働者が泣かされていることか・・

もともと、こういう人たちは労働法違反は違反してもたいしたことないからと高を括っているのです。
なんとしても、このような経営者たちの鼻をあかしてやりましょう。

具体的にその不利益をあげてみると、悲惨です・・・

1.就業困難なため失業給付の対象外となる(ただし、ハローワークで延長手続きをすれば、出産後に給付対象となる)
2.産前産後の期間の出産手当金がもらえなくなる (ただし、産前42日突入後に退職する場合はもらえる:<注>この日数は正確にカウントすること)
3.就職してないので、育児休業制度を使うことができないため、育児休業にかかる休業手当がもらえない。また、育児休業中の社会保険料の免除適用が受けられない。

このように踏んだりけったりです。特に出産手当の条件は2007年の法改正によって、それまで退職後6カ月以内の出産の場合もらえていたものが、なくなっています。ひどい改悪です。誰がこのような改悪をしたんでしょうか?

こうしてみると、違法解雇・雇い止めの話があった場合、徹底して会社を追求し雇用継続を勝ち取るか、やむを得ず退職するとしても、上記3点を見越した補償金を上澄みさせるか、頑張るべきですね。
しかし、現実は泣き寝入りせざるを得ないことが多いのですが、これはやっぱり行政の怠慢、弱腰が原因です。
でも、少なくとも一人では無理なので、労基署・県の機関などの公的機関には事実を訴えましょう。そのために税金払っているんです。

                            (暑い日差しの中隠れたゴーヤ)-->


今や非正規労働者が非常に多くなり、既婚者の生活は少なくとも共稼ぎであることが
必須です。であるにもかかわらず、妊娠・出産・育児に関しては、非常に保護が弱
く、その環境は不備だらけです。一番子供を持つ機会が多いはずの30歳台の男性では、親元から職場に通っている人が非常に多いと聞きました。
こんな状況では当然ですよね。こんな状況では、結婚も出来ない、子供も産めない。。いったいこの国は、この先どうなるんでしょうか?

 昔は会社は国ために国民のために教育をしたり育児の助成をしたりしてちゃんと社会貢献をしていましたが、今やその会社が役目を果たさなくなっています。「行き過ぎた市場原理主義は是正しなければ」とか言っていますが、それって会社の中から変えていかないと、達成できません。私たちサラリーマンは、毎日その原理にふりまわされ、良き時代の上司や同僚との良き職場慣行さえなくなってしまって、メンタル的な病で休業する人もあとを絶ちません。同僚はみんな競争相手です。上司はなんとか取り込まないといい評価をもらえません。後輩にだって、油断していると追い抜かれます。だから、自分のノウハウを教えたりするお人よしなんていません。

実に情けない時代になっています。

 

 



jujucall at 14:20コメント(0)トラックバック(0) |   mixiチェック

2009年08月11日

地方分権ってほんとにバラ色なの?

 今朝は東海地方の地震で目が覚めた。

知り合いがいるので、安否確認しようと電話したら既に通話規制がかかっていた。

福岡の地震のときは携帯メールならつながって助かったけど、今回もそれを試みたものの、そのあとすぐに電話がつながったので、結果は不明。

 ということで被害が大したことなければいいですね。

 

 

△____ (佐賀県某所の さるすべりの花)

 

 

さてさて、話は地方分権の話になりますが・・ 

ずっと気になっていたのが、全国知事会などが言っている地方分権のこと。

地方分権といえばすごくいい話のように聞こえるけど、待てよ!! と別の角度から考えてみた。

分権は権利です。 でも権利の裏には義務がありますから、地方が勝手に税金を決めるということは、使い道も責任もって決めるということになります。その中には、当然、福祉や医療も入る。

 

 

となれば、裕福な財政が見込める都府県とそうでない道県は、ますます格差が広がるということですね。今でさえ、健康保険の協会健保や介護保険などは県ごとに負担の割合が違ってて、財政的に弱い県の住民の負担が増えています。それまでは全国一律負担で全国のお金をプールして、支出に対応していましたが、このやり方のほうが、財政的に弱い地方の県はいいのではないでしょうか?

 

国の施策なのに、調整もなしに費用だけを勝手に押し付けるとかいう部分は是正すべきですが、大きな制度の骨格としては、あまり地方分権が行き過ぎるのも格差社会を助長し、結果的には地方の没落につながるのではないかと心配しています。

 

「国は黙ってお金だけを持って来い。」なんて、そんな "いいとこ鳥" はいないと思いますがね。

 



jujucall at 14:15コメント(0)トラックバック(0) |   mixiチェック

2009年08月10日

今年も虫にやられた

  毎年、8月にどういうことなんだろう。
去年は蜂にさされ、今年は毛虫にやられた。
(Iさん笑わないでね・・・)
毛虫の中の色のきれいなものは、毒毛を持っているのが多いらしい。

なんでも直接刺されなくても、その虫が危機を感じたら毒毛を飛散して防御するらしい。その毒毛(目には見えないほど細い)がふれただけで、人の身体はひどいかぶれを起こすということです。

長袖に手袋、帽子と服装はちゃんと作業用の格好をしていたのに、今までそういう経験がなかったので、それはまさに無防備だったという訳です。

今日皮膚科に行って、薬をたくさんもらいました。
まだまだ痒いので、なんとかしてくだされ。皮膚のただれもひどいので、これでは仕事も無理だなあ・・・

あ~ぁ・・・がっくり!!

みなさんも今年は長雨でこんな毒毛虫がたくさん発生しているらしいから、お気をつけて・・・



jujucall at 18:40コメント(0)トラックバック(0) |   mixiチェック
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • 「売らいでか!」 久しぶりの博多座
  • 金子みすゞさんの詩に曲をつけてみました!(^^)!
  • 秋のLive日程が決定
  • 秋のLive日程が決定
  • 初めて熱海の海岸を!!
  • 初めて熱海の海岸を!!
  • 初めて熱海の海岸を!!
  • 岡垣の うにの瓶詰 最高です。
  • メーデー集会を4/29にするっておかしい