2018年09月01日

電気代のこと

8月はエアコンなしでは生きていけなかったので、電気使用料がいくらになるのか気になっていたので、データをとってみたら、グラフのようになっていました。(キレイライフプラスという九電の会員になれば、CSVでデータを取得できます)

もちろん、気温による影響は大きいですが、生活のパターンによっても大きく変わることがわかります。

image

契約が従量電灯Bだと120KWまで17.19円、300KWまで22.69円、301KW以上は25.63円となる。これに再生エネルギー賦課金として1KWあたり2.9円かかることになります。+基本料。
(今度から従量電灯Bをスマートファミリープランに変えたので、301KW以上の部分が1円以上安くなりますが、逆に口座振替割引がなくなる。さて、どっちがお得かな?)

この再生エネルギー賦課金は、太陽光発電などの電力会社の買取料金をユーザーが負担するようになっているらしいのですが、意外と結構な金額になるんですね。(500KWで1450円となる。しかも、毎年単価が値上がりしている。よく知らない間に決まってシレットして課金されているんですよ。)

もちろん、電柱や電線などの費用=託送料金相当額もこの中に含まれています。また、燃料費調整額という発電にかかる燃料費の変動幅調整用の料金もあり、今、電気料金は複雑になっているようです。

これにガス会社が扱う電気代、電力会社が扱うガス代と、一応競争できるようにしているみたいですが、生きるための必須のインフラなのに、果たしてこういう制度が本当に利用者のためになっているのか、はなはだ疑問です。

一番の心配は、原子力の廃棄費用です。いずれは、私たちに原発廃棄の費用がのしかかってくるに違いありません。その額は再生エネルギー賦課金とは比べ物にならないくらい高額な負担となるに違いありません。(ぁぁ怖っ)



jujucall at 15:11コメント(0) |   mixiチェック

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Mitchan

ギャラリー
  • エアコン交換費は高い
  • ありがとうございます。みなさん!!
  • もうすぐ #58 Liveです
  • 久しぶりの新曲 ~#58Liveに向けて~
  • 久しぶりの新曲 ~#58Liveに向けて~
  • 謹賀新年 2019年正月
  • ありがとう #57 Mitchan Live
  • 久しぶりの大阪 はじめての大阪
  • 久しぶりの大阪 はじめての大阪