2014年03月30日

賃金にも消費税を・・・

 消費税増税前の今日この頃ですが、ほとんどのところが消費税アップと時を同じくして値上げをすると予告しています。
BLOG140330
中には、これまでの我慢を解消する(=良く言えば?)かのように、3%よりもはるかに高い値上げ率があるところを見かけます。
また、同時に値段の表示が外税方式になる店が圧倒的に多いようです。

 これまで内税方式に慣らされていた私は、ある店で既に本体価格のみの表示となっているビールを買って、支払うときに思っていた価格より高い価格を告げられたので「あれっ?」とすぐには飲み込めない価格にとまどったりしています。(゚∇゚ ;)エッ!?
今後は携帯の電卓機能が活躍するのかな?

 それから税金にも消費税をかけるガソリンなどには、炭素税なるものもかかることになり、まさに負担のみが多くなる4月になりそうです。(酒税も同様)

一方で企業は、消費税を除いて税金は安くなるようです。その恩をきせて春闘では大企業の賃上げを実現させたというアベのミスが自慢していますね。
もともと「賃金をアップして内需を改善しないと、景気はよくならない」ということは、10数年前から労働団体が言ってきたことですがね・・・

 ところで、消費税関連で最近になって思いついたのは・・・極論だと言われればそうでしょうがね・・・

企業からすれば労働者の賃金は労働力を購入した対価のはず。つまり、企業は労働力を消費しているわけですから、賃金には消費税分を上乗せして支払うべきではないかと思っています。つまり、賃金が10万円だとすれば、労働者には108,000円を支払うべきではないでしょうか?

当然、賃金の一部として消費税を預かった労働者は、消費のさいに自然と消費税を支払うので、労働者が消費税を懐に入れることにはなりません。

そうなれば企業は諸手をあげて消費税増税に反対するでしょうね。でも、これで労働者は消費税から開放されますし、賃金が目減りしないで消費に回るので、きっと経済も好転すると思います。今は金利が超安くてタンス預金なるものになり、なかなかお金が循環しないため景気回復を妨げているのです。これでアベのミスがほんとにアベノミクスになりますよ、きっと・・・

それにしても、年に一度の桜がきれいになりました。



jujucall at 17:43コメント(0)トラックバック(0) |   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Mitchan

ギャラリー
  • スマホとPCをUSB経由で・・そしてMS-Wordも
  • エアコン交換費は高い
  • ありがとうございます。みなさん!!
  • もうすぐ #58 Liveです
  • 久しぶりの新曲 ~#58Liveに向けて~
  • 久しぶりの新曲 ~#58Liveに向けて~
  • 謹賀新年 2019年正月
  • ありがとう #57 Mitchan Live
  • 久しぶりの大阪 はじめての大阪