2012年05月26日

ヨーロッパツァー 6日目 パリにて・・

ヨーロッパツァー
<6日目>

 少しレポートが遅れましたが、6日目のツイートです。

これまでになくホテルをゆっくりと出て、ルーブル美術館に直行しました。


週末で道路は混んでなく、途中イギリスのダイアナ妃が車の事故で亡くなったトンネルなどの案内を受けながら美術館の地下に滑り込みました。
地下からすぐに美術館への入場でしたが、開館したばかりの時間だったので、わりとすいていて見やすかったですよ。

何より驚いたのは、カメラのシャッターが押せることでした。普通、日本の美術館ではありえないので、驚きでしたし、その反動からかめちゃくちゃシャッターを押してしまいました。

 

有名なナポレオンの戴冠式の絵、モナリザ、ミロのビーナス、すごいところですね。そして、ミロのビーナスのところで、ツーショットしたつもりが、残念ながら失敗していました。

360度見渡しましたので、ビーナスの右肩付近がすこし壊れているのを発見しました。知らなかった。
モナリザのところは、特別にお客さんが多くて、さすがにゆっくりとは見られませんでした。

 ほんとに、もう一度来てみたい美術館でした。

 

 

その後は、凱旋門、エッフェル塔、オペラ座、ルイ・ビトン本店のあるサンジェリゼ通りなどバスの車窓から市街を眺めながら、昼食会場へ。パリにも当然ながら日本食の店もありましたし、寿司のメニューも見つけました。でも、日本人ではなく中国人がやっている店も多いそうです。
ちなみに、今日のお昼は、エスカルゴでした。そして、相変わらず、いつものことながら、このレストランも日本人ツァー客で満席になりました。

 さて、次は1時間ほどかけて、ベルサイユへ・・・


ここの宮殿の入り口は金箔を貼っていて、キンキラキンです。また、入り口では、いわゆる売り子さんがたくさんいて、これ買ってという感じの方がたくさんいました。(上海の売り子さんからするとずっと大人的ですが・・)

 

しばらく宮殿の裏(表?)の方の広大な敷地を見学して時間を調整した後、宮殿本体に入場しました。中はさすがに昔のヨーロッパの貴族、王族の住んだ部屋、そして天井画等、贅をつくした感じの中でしたが、個人的にはこういうのってあまり興味ないもので・・

 

 

 

そのあとしばらく近くの指定店で買い物をして、又パリの市街地へ。
夕食までにはかなり時間があるというので、特別にエッフル塔を下車観光することになりました。
実際に塔の真下まで行ってみましたが、さすがに圧巻でした。ちなみに、周りの公園の公衆トイレは、臭い汚い・・で、女性は特に使用できる環境ではありませんでしたけど。
塔に登るには斜め登りのエレベータか階段、そしてその先は更にエレベータということで、たくさんの観光客が入場待ちをしていましたので、時間の無い僕は登れませんでした。

そして、いよいよ夜のパリの高級レストランへ。
これまでと違って、他の日本人ツァー客もいない素敵なレストランでした。料理もなかなかでしたが、ここもトイレだけは、掃除が行き届いてなくて残念でした。

ホテルではやっとビールが飲めて、「はい、おやすみさない」でした。しかし、バスタブが欲しいなぁ・・・

 



jujucall at 13:04コメント(0)トラックバック(0) |   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • コスモスライブ、たくさんの拍手をありがとう!!
  • コスモスライブ、たくさんの拍手をありがとう!!
  • Mitchan Live #55 いよいよ 15日開催
  • ONU?DNS? が ボケてしまった像。
  • ONU?DNS? が ボケてしまった像。
  • 遅咲きのひまわりと国民健康保険料
  • 「売らいでか!」 久しぶりの博多座
  • 金子みすゞさんの詩に曲をつけてみました!(^^)!
  • 秋のLive日程が決定