2012年05月06日

ヨーロッパツァー 5日目

ヨーロッパツァー
<5日目>

 今日は何せ一日中、モンサンミシェル オンリイなのです。
片道360Km時間にして 5時間なんだけど、今朝は平日なので、パリの環状線を抜けるのにかなり時間をロスしました。
途中 モンマルトルとかが見えたりで、ここはパリなんだなぁと思いつつ・・・ やっと環状線を抜け、ノルマンディからモンサンミシェルへ。天気はパリでは良かったけど、途中雨にあったりで、現地ではどうなんだろうかと心配していました。

高速道路のパーキングでトイレタイムはいつものことだけど、(記憶があやふやだけど)確か 有料トイレで70セントだったけど、そこの店で使える50セントクーポンがもらえるトイレがありました。添乗員さんの分までいただいて、1ユーロ得した気分で何か買いました。

 途中のフランスの風景は、まさに農業国というだけはあって、緑の広大な農地が広がり、牧畜なども盛んな様子でした。昔の100年戦争の話しとか、添乗員さんが一生懸命話してくれたんだけど、あまり覚えてない。半分は寝てたのかな? でも、車の運転手さんは、2人体制でしたよ。どこかの国のようにあやふやな基準でどうのこうのということはないようです。運転時間もキチンと規制されているようです。(イタリアもそうでした。インターバルが11時間以上?だったかな?)

 遠方にモンサンミシェルが見えてきました。そして、天気も晴れ・・・
パリを8:00に出たのに、着いたのは14:00頃。渋滞で予定オーバーです。とにかく名物のオムレツを・・・
ところが、これはガッカリでした。オムレツなんだけど、中身は甘くないシュークリームに卵焼きを乗せたといった感想になります。(写真ではわからない)

 

いよいよ、モンサンミシェルの中へ。今は陸続きで車のまま入れるけど、もうしばらくすると陸と続く道路は削り去られ橋がかかり、バスは手前で降りて、シャトルバスか徒歩で行くように変わるということです。どうも、島の周りの砂の堆積だとか、自然環境を改善するためだとか・・・

 

 

 

たくさんの店が並ぶ狭い通路で、人ごみをかきわけながら階段をよっこらしょと登っていくと、高いところに出ます(日本語が出来るフランス人の案内で・・)。ここから島の一番高いところ=塔のテッペンのミシェル(ミカエル)さんの像が見えます。モン=山 サン=聖 ミシェル=ミカエル(神)という意味だそうですね。その横に修道院があり、過去に修道女が修行していた部屋・食堂などがありました。牢獄として使われていた時代の遺物もあって、なかなか興味深いところですが、時間が足りずにゆっくり見ることが出来ず残念でした。トイレに並んだりして、時間がなくなり、土産すらもやっとの思いで買えたという次第。

 

 

 

  帰りはもうぐったりでしたが、途中 ルーアンという街に立ち寄り、そこで夕食をとりました。ここは、若きジャンヌ・ダルクが処刑された地でもあるそうで、フランスの歴史を感じさせる街です。

 食事が終わってまたひたすらパリへ向かい、着いたのは23:30近く。ホテルのバーも閉まっていて、ビールも飲みそこない、悔しいけど、多分バッタリと寝るでしょう。ほんとに今日も長~い一日でした。



jujucall at 13:46コメント(0)トラックバック(0) |   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • コスモスライブ、たくさんの拍手をありがとう!!
  • コスモスライブ、たくさんの拍手をありがとう!!
  • Mitchan Live #55 いよいよ 15日開催
  • ONU?DNS? が ボケてしまった像。
  • ONU?DNS? が ボケてしまった像。
  • 遅咲きのひまわりと国民健康保険料
  • 「売らいでか!」 久しぶりの博多座
  • 金子みすゞさんの詩に曲をつけてみました!(^^)!
  • 秋のLive日程が決定