2009年03月20日

イタリア 見聞録 その三

 3日目は、ナポリのホテルから、カプリ島の「青の洞窟」、そしてポンペイの遺跡を見て、ローマへというコースになります。

心配した天気は、曇りという感じで、波も普通かな・・でも、天気に左右され心配していた洞窟の見学がokとわかり、バスの中で拍手が。。。一般に、この時期は見学できないことが多いらしい。
昔の要塞跡がたくさん残っているナポリの港から、ジェットホイルで約50分の船旅。結構ゆれるので、船酔いしやすい人はじっとしているのが一番かな?
カプリ島は小さな島だけど、高い絶壁もあって岩盤は固いのかも?
また、洞窟近くに近づくため小型の船に乗り換えて現地まで、10分程度かかりました。
洞窟のそばに着き、ほんとに小さなボートに乗り移るんですが、波で揺れるボートにスッと乗り移れるわけもなく、みんな一苦労して、それでも、やっとの思いで一艘に6人乗り移り、船頭さんの指示で洞窟入り口へ。
団体さんばかりなので、ボートも六艘くらいはいたんですが、それに順番に乗って見学という内容です。




入り口は、ほんとに狭くて、そのボートの幅くらいしかない洞窟の入り口。高さも低く、頭を打たないように、ボートに座ったまま更に深く前屈みになって、入り口を通過。





しかし、中はすごい、ほんとに濃い青の海が目の前に広がるのです。
中にいたのは1分程度だったけど、すごい色で感激でした。
僕の場合、波でボートのロープが濡れていて、それに当たって自分のセーターの袖が濡れてしまいましたが、場合によってはほんとに波で濡れますよ。真剣に水着きていた方が安心だと思いました。





ここでカメラのトラブル・・・バッテリーは大丈夫と思っていたら、ここでダウン。。。あぁ夕べ充電しておけばよかった・・・
(注:イタリアの電気の差込口の形状はC型で、そのアダプタを200円程度で買っていました。電圧は240VまでOKのアダプタだったのでイタリアでも使えました。)
どうしよう?・・・と思ったときに携帯で撮ることを思いつきました。画像がよくないけど、仕方ないか・・・
最高の画質にして、ついでに動画を入れたりして、なんとかいけそう・・・

さて、また中型船に乗り換えてカプリ島の港へ戻り、日本のように時刻どおりには来ないジェットホイルに乗り換えてナポリの港へ。
ナポリからポンペイ遺跡へ向かう途中は、左側にベスビオ火山を見ながら移動し、遺跡の近くでシーフードの昼食をしました。
ポンペイの遺跡は、約2000年前の都市とはいえ、ずこい文化の都市だったようです。石畳の道路には当時の馬車の車輪で磨り減った溝が残っていたり、ピザやパンを焼いて売っていた店の跡があったり、市場の跡も・・・



又そこには、ベスビオ火山の噴火によって生き埋めになった人の遺体(本物)が石膏のようなもので固められて、展示されていましたが、そのときの悲鳴が聞こえてきそうな感じがしました。

一番行ってみたかったポンペイの遺跡をあとにして、今夜の宿=ローマのホテルへ向かいました。










jujucall at 14:26コメント(0)トラックバック(0) |   mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
プロフィール

Mitchan

ギャラリー
  • 携帯の電話帳VCFファイルのデータ加工・・・ つれづれなるままに
  • 感謝!! Live #56
  • 感謝!! Live #56
  • いよいよ明日になりました。Live #56
  • あと少しで・・・#56 ライブ
  • あと少しで・・・#56 ライブ
  • あと少しで・・・#56 ライブ
  • 謹賀新年
  • 謹賀新年